ワクチン接種 “野党側で状況把握のチーム設置へ”立憲 安住氏 新型コロナウイルスのワクチン接種について、立憲民主党の安住国会対策委員長は、全国の接種状況を把握する必要があるとして野党側で作業チームを設けたいという考えを示しました。

新型コロナウイルスのワクチン接種は、現在、医療従事者を対象に行われていて、今月12日からは、高齢者などへの接種が始まる予定です。

立憲民主党の安住国会対策委員長は代議士会で「地元で医師会に個別に話を聞くと、民間病院は、まだ接種を受けていないという声をたくさん聞き、本当に順調に進んでいるのか疑問に思っている」と指摘しました。

そのうえで「厚生労働省側の情報公開が全くできていないので、野党側で1つの大きなチームを作り、どの地域に遅れがあり、何が目詰まりしているのか『見える化』しなければいけない時期に来ている」と述べ、共産党や国民民主党などと連携しできるだけ早く作業チームを設けたいという考えを示しました。

2021年4月2日 16時59分 NHK