FNN 東京・北区で、電車にはねられ死亡した男の子は、小学5年生と判明した。

引っ越したばかりの千葉県から、住んでいた埼玉県に向かっていたとみられている。

北区栄町の線路内でJR宇都宮線にはねられ、1日夜に死亡した男の子は、千葉・市原市に住む小学5年生の男の子とわかった。

男の子は、家族の都合で埼玉県から千葉県に引っ越したばかりで、周囲に「引っ越したくない」と話していたという。

1日夜は、市原市の最寄りの駅から電車で埼玉県へ向かっていたとみられ、家族からは警察に行方不明届が出ていた。

男の子が、どのように線路に入ったかはわかっていないという。