仙台市のJR仙台駅では1日、東北新幹線の中央改札口などで、上部に設置されたモニターが「本日 開幕」の文字を映し出した。

人目に付きやすい場所への垂れ幕やポスターの掲示はなかった。

 JR東日本仙台支社の担当者は「宮城県独自の緊急事態宣言を受け、2階コンコースへの垂れ幕の掲出を取りやめるなど仙台駅での装飾は控えた」と話す。

本格的なPRについては、宮城県などと協議しながら進めるという。

 東北DCは東日本大震災からの復興の歩みを発信をするほか「花」「歴史・文化」などのテーマで各地の観光コンテンツを結び、東北の魅力を紹介。

多彩な特別企画を予定する。

 感染拡大を受け、6県などでつくる推進協議会とJR東日本は仙台、山形、福島各駅で3日に予定していたDCのオープニングセレモニーを中止した。

香北新報 2021年04月02日 06:00