日本将棋連盟は2日、公式HPで橋本崇載八段(38)の引退を発表した。

引退理由は「一身上の都合」とされ、連盟は「本人の意思を尊重しこれを受理した」と説明しているが、この発表後、橋本八段がYouTubeチャンネルを開設。

引退の衝撃理由を明かしている。

 橋本八段は昨年10月から今年3月31日まで一身上の都合で休場していたが、それからわずか2日後にまさかの引退発表。

橋本八段は引退発表後、ツイッターとYouTubeを開設し、妻が長男を「連れ去った」という衝撃事実を告白している。

 動画によると、19年7月、橋本八段が対局から帰ると、妻がまだ生まれたばかりの長男を「連れ去りました」「社会問題になっている子の連れ去りというやつですね」と、2人がいなくなっていたという。

「当然ながら浮気もしてない、暴力も振るってない。なにか精神的に追い詰めることもしていません」と心当たりはないとも語った。

 「これは今、日本で社会問題となっている」「私の知る限り、こういった連れ去り被害にあっている著名人というのはあまり知らない」とも語っており、「ある程度の反響、心ない中傷などが来ることは予想される」と覚悟の上での投稿とも語った。

 そして「それよりも、親というのは命をかけて子どもを守るのが役目と思っている。何を言われようと叩かれようと…」ともコメント。

現在、妻とは離婚裁判中であることも明かし「国も裁判所もどこもかしこも、この問題に対して関心を持ってくれないことにものすごく憤りを感じている。なので今回告発するに至りました」とも語っている。

 この問題がどう引退に繋がっていくのか、また長男の現在の様子などはこの動画では説明されておらず、今後動画で明らかにしていくようだが「営利、売名目的ではない」「この問題を少しでも多くの人に知ってもらいたいしメディアの方にも取り上げてもらいたい」ともコメント。

「同じ被害にあっている方々、みんなで力を合わせて戦いましょう」とも呼びかけている。

 橋本八段は「ハッシー」の相性で将棋ファンに親しまれ、金髪などのファッションも話題となった人気棋士だった。

デイリー