エンゼルスの大谷翔平選手(26)が2日、本拠地アナハイムで行われたホワイトソックスとの開幕戦に「2番・DH」でスタメン出場し、4打数無安打に終わった。

 1回無死走者なしで迎えた第1打席は外角のチェンジアップに空振り三振。

4回の第2打席は三邪飛、6回の第3打席は右翼への鋭い当たりも右直に倒れ、第3打席まで昨季ノーヒットノーランを達成した右腕・ジオリトの前に抑えられた。

 第4打席は8回無死一塁で左腕・バマーと対戦。

1ボール2ストライクからの4球目を引っ掛けて二塁手へのゴロになったが、二塁手の送球がそれて敵失で出塁。

その後に1死満塁となり、三ゴロの間に決勝のホームを踏んだ。

 オープン戦では31打数17安打の打率5割4分8厘、5本塁打と絶好調だったが、開幕戦での快音とはならなかった。

中日スポーツ 4/2(金) 14:16配信 試合スコア