東京オリンピックの聖火リレーで、愛知県半田市を舟で通るコースが男性限定となっていることがわかりました。

指摘を受け、半田市は女性も参加できるように変更する方針です。

 半田市によりますと、4月6日に行われる聖火リレーのうち、半田運河を「ちんとろ舟」で通るおよそ200メートルの区間が男性限定となっています。

 ちんとろ舟は、半田市で江戸時代から続く「ちんとろ祭り」で使われていますが、女人禁制のため、当日は地元の男性ら30人ほどが舟に乗り込み、お囃子で祭りを再現して半田市の魅力を発信する予定です。

 しかし、「男女平等をうたう五輪精神にそぐわない」といった声も上がったことなどから、市は急きょ女性も参加できるように変更する方針です。

 取材に対し、市の担当者は「問い合わせを多くいただき、今回は祭りとは切り離してイベント行事として女性も参加できるように調整したい」としています。