緊急事態宣言が解除されても、人々のコロナへの恐怖は消えない。

それどころか、外出や会食をする人への非難は増すばかりだ。

恐怖に支配された「コロナ脳」の“暴力性”を、ベストセラー『コロナ論』著者・小林よしのり氏と京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授の宮沢孝幸氏が語り合った。

小林:わしが「コロナはインフルエンザより怖くない」「過剰対策をやめろ」と発言すると、「コロナは怖い、怖い」とひたすら煽る連中に洗脳された “コロナ脳”の人たちがSNSなどで猛然と叩いてくるわけです。

いくらデータを示して説得しても、洗脳されてコロナ脳になっているから、信じないし、「お前は嘘つきだ」と批判してくる。

テレビから流れてくる情報やSNSで自分の周りの人間が言っていることを鵜呑みにするだけで、自分で調べようとしない。

宮沢:おっしゃる通りで、私はウイルスを研究していて専門家のつもりですが、何か発言するたびにやたらと叩かれる。

テレビにはウイルスどころか、感染症の専門家でもない町のお医者さんが出てきてデタラメをしゃべっているので、間違いをツイッターなどで指摘すると、 「お前は専門家のくせにそんなことも知らないのか」と返ってきて唖然とするんです(笑)。

小林:洗脳されてしまっているからね。

宮沢:私も罵倒されれば腹が立ちますが、彼らは被害者でもあると思うんですね。

だから、“コロナ脳”という言葉にはちょっとバカにしたニュアンスがあるので、本当はあまり使いたくない。

洗脳したやつは誰やねんと。

小林:それはわしも理解しています。

ただ、洗脳を解くには、ちょっと強い言葉を使わないと、本人たちも気づかないと思うんですよ。

ショック療法だと思って、あえて使っている。

宮沢:ええ、わかります。

小林:だから、本当の敵はコロナ脳の一般の人たちじゃなくて、テレビを中心とするマスコミであり、 デタラメを言い続けてきた専門家であり、それらに引っ張られて過剰な対策をやり続けている政府なんですよ。

テレビは毎日、毎日、「今日の検査陽性者は何人。過去最多」ってやり続けているでしょう。

あんなのを毎日見ていたら、心を病んでも不思議じゃない。

宮沢:前日より減ったときでも、「火曜日としては最多」とか言って、なんとかして多く見せようとしている。

小林:宮沢さんは関西のテレビにはよく出演しているんですよね。

宮沢:ええ。

昔から関西の番組と東京の番組では、論調が全然違うんですが、コロナに関してもまったくそのままですね。

大阪の番組だと、私の話をちゃんと聞いてくれる雰囲気があるんですよ。

批判的な人ももちろんいますが、冷静に両者の意見を聞いてくれる。

ところが、たまに東京のテレビ番組に呼ばれると、空気が全然違う。

事前の打ち合わせでディレクターさんから 「宮沢さん、どんどん言ってくださいよ」って焚きつけられるんですが、いざ収録が始まると、私が何を話してもMC(司会)が全部ひっくり返していくんですね。

他の出演者もまともに聞く気がなくて、私一人、暴論を吐いている悪者のようにされる。

小林:新聞で言うところの「両論併記」ではなく、片方の情報しか流さないんだよな。

異論を唱える人間を呼んできて、みんなで袋叩きにして、面白がっているだけなんだよね。

わしが見ていた番組でも、宮沢さんは完全に浮いていた(笑)。

宮沢:ドン・キホーテみたいになっちゃうんですよ。

つい熱くなってしまって。

『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)でお医者さんが「感染者を1人も出しちゃいけないんです」って言うんですよ。

ハァ?って思って、つい、指さして「お前なー!」って言ってしまったことがあります。

反省しています。

団塊世代の男性タレントからも「老人を切り捨てていいのか。とにかく若者を止めろ」とか言われるから、頭に来て「お前なー!」と言いそうになった(笑)。

自分だって若い頃、好き勝手していただろうに。

小林:宮沢さんの場合、怒っているところが面白いと思われていて、冷静に科学的に説明しているところはキャラが出ていないから放送で使わない。

テレビの基準なんてそんなもんですよ。