吉永小百合が主演を務める映画『いのちの停車場』(5月21日公開)の予告編が公開された。

あわせて共演の松坂桃李と広瀬すずをメインにした特別バージョンの予告編も公開されている。

 本作は現役医師でもある作家・南杏子の小説を原作にした医療ドラマ作品。

長年にわたって大学病院で救命救急医として働いてきた主人公・白石咲和子(吉永)が、在宅医療を行っている「まほろば診療所」に勤めることになり、患者たちと向き合っていく。

「まほろば診療所」で働く看護師の星野麻世を広瀬、大学病院の事務職を辞めて咲和子を追ってきた野呂聖二を松坂が演じ、田中泯、西田敏行らも共演している。

 予告編では「まほろば診療所」の面々が7組の患者と家族に向き合い、寄り添う姿が映し出される。

医療やいのちとは何か、そして自分たちができることは何かを自問する咲和子たちの表情は感動作を予感させ、自分らしく生きようとする患者たち、患者の家族たちにふんした役者たちの演技も儚いものから力強いものまでさまざまだ。

 松坂と広瀬のシーンが多く登場する特別バージョンの予告編では、野呂と麻世の若い2人が初めて触れる、優しくてあたたかな少女の「最後の願い」を中心に描かれている。

メガホンを取ったのは『グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~』などの成島出。

(編集部・海江田宗) 2021年4月2日 6時00分 【動画】吉永小百合『いのちの停車場』予告編
youtube ZYWIQi5OAHA