岡山市と和気町で事故相次ぐ 1人死亡1人が意識不明の重体 *ソース元にニュース画像あり* ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 31日夜、岡山市と和気町で事故が相次ぎ、1人が死亡1人が意識不明の重体になっています。

31日午後10時ごろ、岡山市中区で男性が道路脇の田んぼに自転車と一緒に倒れていると、 近くを通りかかった女性から消防に通報がありました。

男性は首などの骨を折り、意識不明の重体だということです。

警察によりますと、現場は街灯が少なく夜間は暗い状態だったうえ、歩道と田んぼの間に 柵などはなかったということで、男性が誤って田んぼに転落した可能性もあるとみて、 事故の詳しい状況を調べています。

一方、和気町原の県道では31日午後9時ごろ、信号機のない横断歩道の近くを歩いていた 平井精さん(93)が、乗用車にはねられました。

平井さんは頭などを強く打ち、病院に運ばれましたが死亡しました。

警察は、乗用車を運転していた岡山市の病院職員・川迫克彦容疑者(42)を 過失運転傷害の疑いで、その場で逮捕しました。

調べに対し、川迫容疑者は容疑を認めているということです。

警察によりますと、現場は片側1車線の直線道路で見通しはいいものの 街灯が少なく、当時あたりは暗かったということです。

警察は今後、容疑を過失運転致死に切り替えて事故の状況を詳しく調べることにしています。

04/01 11:14