英BBC北京特派員 台湾に移動 中国当局から圧力や脅し 【ロンドン=板東和正、北京=三塚聖平】英BBC放送は3月31日、中国新疆ウイグル自治区での人権侵害などの取材を担当する北京特派員ジョン・サドワース氏が家族とともに台湾に移動したと発表した。

同氏は中国当局から圧力や脅しを受けており、中国での勤務が安全ではないと判断されたという。

サドワース氏は約9年間、特派員として中国に滞在してきた。

同氏は昨年、少数民族ウイグル族が拘束された同自治区の収容所の内部とみられる映像を入手し、報道した。

 映像では、鉄格子のはまった窓がある部屋の中で、ウイグル族の青年が手錠でベッドにつながれた様子などが撮影されており、世界で反響を呼んだ。

英メディアによると、サドワース氏はその後も、同自治区の問題を取材し続けた。

しかし、同氏や同氏の取材チームは中国当局に監視されたほか、法的行動に出ると脅されたという。

サドワース氏はBBCラジオに「ここ数年にわたり、中国当局から圧力や脅迫が続いていたが、この数カ月でその傾向がさらに強まった」と明かした。

BBCは、サドワース氏が安全に「中国に留まることが困難になった」と指摘。

AP通信によると、中国の外国人特派員協会は「サドワース氏は先週、自身と家族の安全を懸念して中国を出国した」と明らかにした。

 BBCによると、サドワース氏と家族は中国を離れるまで私服の警察官に尾行されたという。

 サドワース氏は台湾に移っても、BBCの中国特派員として中国に関する報道を続ける。

BBCは31日の声明で「(同氏は)中国当局が世界に知られたくない真実を明らかにしてきた。誇りに思う」とたたえた。

2021/4/1