まもなく登場「iOS 14.5」でiPhone 11シリーズのバッテリー状態予測の不具合解消へ 4/2(金) 0:00配信 ケータイ Watch  アップルは、同社Webサイトのサポートページで、今春提供予定という「iOS 14.5」において、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxにおけるバッテリー状態報告システムの不具合を改善すると案内している。

 案内によれば、iOS 14.5では、iPhone 11シリーズのバッテリー状態を報告するシステムが、バッテリー最大容量、ピークパフォーマンス性能が再調整される。

不具合には、iPhone 11シリーズでバッテリーの消耗が想定外に速い症状があるほか、わずかな例ながらピークパフォーマンス性能が低下する症状も報告されている。

あくまで状態報告の精度が欠けているだけで、実際のバッテリーの状態には問題がないという。

 再調整中には、その旨が、設定メニューの「バッテリーの状態」に表示される。

再調整はアップデートによってすぐ完了するものではなく、定期的な充電サイクルを進めていくことになる。

そのため、数週間かかることもある。

 再調整中、最大容量のパーセントは変化しない。

また、わずかながら再調整がうまくいかず、バッテリー修理サービスを案内するメッセージが表示されることがある。

その際、アップルの正規サービスプロバイダでバッテリーを無償で交換できる。

なお、安全面には問題がないとのことで、そのまま利用しても問題はない。