4/1(木) 21:05配信 スポニチアネックス 千鳥のノブ  お笑いコンビ「千鳥」のノブ(41)が、1日放送の日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」(木曜後7・56)の「グルメチキンレース ゴチになります!」に出演し、ゲストの女優・広瀬すず(22)の前でかっこ付けてしまったエピソードを披露した。

 2人は19年、NHK連続テレビ小説「なつぞら」で共演。

ノブは、広瀬演じるなつが通う高校の教師役だった。

慣れない演技の仕事に、「先生役で、二言くらいしかせりふがなかった。一言目のせりふがあまりにも緊張して、声も震えてるし、何回もNGを出して、僕だけ」と四苦八苦。

そんな時、声を掛けてくれたのが広瀬だったという。

「昼休憩の時に『ノブさん、皆さんでご飯食べに行きませんか?』って楽屋まで来てくれて。リラックスさせてくれるためでしょうけど」と感謝を口にした。

 ノブと広瀬、さらに女優・富田望生、俳優・山田裕貴も加わって4人でNHKの食堂へ。

そこで、ノブは思わぬ行動に出たという。

「僕のイキリが出て、いつもだいたいそんな時、カツ丼とかカツカレーとかを頼むのに、前にすずちゃんがいるっていうだけで、白身魚のムニエルを頼んだ」と笑わせた。

 広瀬が「私たち生徒3人分をおごって下さいました。『ここはいいよ』って」と明かしたものの、ノブは「かっこよく見えるんですけど、1人400円くらい。NHKさんの食堂、めっちゃ安いですから」とタネ明かしをし、再び笑いを取った。

 その後、打ち上げは盛大に行われたものの、スピーチで笑いを取る自信がないノブは、40万円の高級スーツを“小道具”として仕込んだという。

「そんな大規模な打ち上げ、スピーチでウケる気がしなかった。しゃべるにはウケなきゃダメじゃないですか?『40万円のスーツです』って」。

会場はザワついたものの、ややウケ程度だったようで、「全然値段に見合ったウケ方じゃなかった」と肩を落としていた。