2/24(水) 8:54 読売新聞オンライン 瑛人の「香水」聴いた石川さゆり「どうして流行っているのかな」「あ、天城越えと似てるんだな」 異ジャンルのアーティストとの共演にもどんどん挑戦する。

「木が伸びれば、そこからもっと遠くまで景色が見えるようになる。そんな気がします」  石川さゆりが、シングル「なでしこで、候(そうろ)う/何処(いずこ)へ」(テイチク)を出した。

「なでしこで、候う」では、軽やかなメロディーにしっとりとした声を乗せ、「大丈夫よ」と歌う。

「どうしてもコロナという言葉が頭に浮かぶ人が多い今、『どっしり』ではなく、ふとそばにいる、そういう歌を歌いたいなと思った」と話す。

(池内亜希)  「朝起きたくない時なんかは、布団の中で『朝だ~起きろ~』って歌いますよ」と笑う。

いつも歌が自然に出てくる。

「参ったなという時は、結構この新曲を口ずさむことが多いかな」  歌っていれば、どんなことも歌が一緒に乗り越えてくれるように感じる。

「偉そうなことは言えないけど、歌はいいですよ。この一文が元気をくれたとか、このフレーズがすごく分かるとか、皆さんがそれぞれ歌から見つける楽しさってあると思うの。どんなふうであっても(聴き手に)寄り添えたらなと」  「なでしこで、候う」は、「女性と曲を作りたい」と、十数年ぶりに作詞家の阿木燿子と語り合いながら制作に臨んだ。

歌詞は、「大丈夫よ 独りじゃないわ だから一人 生きてもゆける」とつづられる。

力強さだけではない、包み込むような優しさが穏やかな曲調ににじむ。

 「今とても、女性が頑張っている。我を張っているんじゃなくてね。今の時代から生まれる歌を作りたかったんです」。

ナデシコの花は、その色によって様々な花言葉を持つという。

強さや優しさ、かわいさ、弱さ……。

様々な表情を持つ姿を表現した。

 デビューから50年近くたち、「色々なことを感受できる歌い手でいられたら」と願う。

あちらこちらにアンテナを張っているわけではないが、気になったことは、おもしろがって興味を持つそう。

 昨年、シンガー・ソングライターの瑛人が歌う「香水」がヒットし、「これはどうして流行(はや)っているのかな」と考えた。

「あ、『天城越え』と似てるんだなって。香りの記憶を歌っているんだなと。ふと触れる五感、人が生きている中で感じることや本能的に気になることは、今も昔も共通する部分がある。面白いですよね」  作・編曲家の服部克久、作詩家のなかにし礼ら、長年、石川を支えてきた作家たちがこの世を去り、自身の果たすべき役目も考える。

「日本ってこういうすてきなものがあるんだよって教えてくださった先生方。これまで“中間管理職”だった私が、今度は(服部らのように)伝えていくべきなのかなと。この仕事は、年齢関係なく一緒に歌を作れる。若き方々に、すてきなものを伝えた上で、一緒に制作ができたなら、すごく素晴らしいものが作れるはずだと思います」