立て子の戯言:実験的にロイター提供の前場値動きを定点観測する試みを行っています。

後場の動きに注目されている方々、及び市況板をヲチして楽しんでいる方々の手助けになれば幸いです。

もちろん中の人も大いに活用して下さいね。

お漏らしは程々に。

株式前場値動きとスレタイにつけていますので、スレタイ検索でも活用していただければ幸いです。

適宜、>>2辺りにその日の詳細も置いておきます。

スレタイ検索 株式前場値動き アメリカでテスラをはじめとするハイテク銘柄が不調だったことを受けて、こちらでもハイテク関連銘柄を中心に下落。

さらに大型株も利確売りで押されて値を落としています。

ただ市場全体では細かく割安銘柄を拾う動きも活発です。

業種別では空運業と不動産業が値上がりしているのが印象的。

今月も下旬となりましたが、株価としては30000円の辺りをうろうろしながら、もう少し足元を固める動きになりそうです。

積極的に買うのはもう少し先か。

[東京 24日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比232円21銭安の2万9923円82銭となり、反落した。

米グロース株の軟調な流れが波及し、日本では値がさの先駆株が売られて指数は軟化する一方、出遅れ銘柄を買い直す動きが活発化した。

23日の米国株式市場は終盤に切り返し、S&P総合500種 とダウ工業株30種 が上昇したものの、ナスダック総合 は下落した。

ワクチン接種によって経済活動回復の恩恵を受ける銘柄が買われる一方、大型のグロース株が下落。

日本株も半導体関連株を中心にグロース株が朝方から下落し、地合いを悪化させた。

とりわけ、テスラ 株の大幅下落が市場心理に悪影響を及ぼしているという。

ただ「金融緩和継続が確認されるなど環境面は悪くはない。日本株も一定数の値上がり銘柄を確保している」(野村証券・エクイティ・マーケットストラテジストの澤田麻希氏)との声も聞かれ、米株と同様に経済活動再開で恩恵を受ける銘柄がしっかりとなった。

TOPIXは0.89%安で午前の取引を終了。

東証1部の売買代金は1兆6902億9500万円と膨らんでいる。

東証33業種では、空運業、不動産業、鉱業などが上昇し、精密機器、電気機器、情報・通信業などの下落が目立った。

個別では、東京エレクトロン 、ソニー が売り優勢となり、キーエンス もさえない。

半面、JR東海 、三井不動産 が高く、ファーストリテイリング も堅調に推移した。

東証1部の騰落数は、値上がりが937銘柄、値下がりが1159銘柄、変わらずが96銘柄だった。

2021年2月24日12:01 午後 ロイター