FNNプライムオンライン 菅首相の長男らとの会食で7万円以上の接待を受けていた山田真貴子内閣広報官について、加藤官房長官は、「和牛ステーキや海鮮料理などが提供された」と会食の中身を明かした。

加藤長官は24日の衆議院内閣委員会で、山田氏本人から杉田副長官へ会食内容の報告があったとして、「会食の具体的な中身は明確ではないが、和牛ステーキ・海鮮料理などが提供された」と、参加者1人当たり7万4千円以上もする高級会食の詳細を明かした。

一人当たり7万4千円を超える山田氏の高級接待会食をめぐっては、菅首相が22日の予算委員会で、「詳細を聞いてみたい」と述べていて、政府内では、高級料理に加え、高額のワインなどを注文した可能性が指摘されている。