調査会社Gartnerが米国時間2月22日に発表したレポートによると、2020年第4四半期にはAppleがスマートフォン販売台数で世界第1位になったという。

スマートフォン台数でAppleがサムスンを上回ったのは2016年以来のことで、2020年秋に発売した5G対応「iPhone 12」の好調な売れ行きなどにより、同四半期の「iPhone」販売台数は7990万台(前年同期比14.9%増)に達したという。

 Gartnerによると、同四半期中のサムスンのスマートフォン販売台数は6210万台で、前年比11.8%の減少。

3位はシャオミ(小米科技)で4340万台(前年比33.9%増)、4位はオッポで3440万台(前年比12.8%増)だったという。

 華為技術(ファーウェイ)は、米政府の制裁措置により販売台数が大きく減少し、前年比41.1%減の3430万台となった。

同社は11月に、低価格スマートフォンブランド「Honor」を売却することで合意しており、2021年にはスマートフォン生産台数を60%削減する準備を整えているとも報じられていた。

 Gartnerによると、同四半期の全世界におけるスマートフォン販売台数は3億8460万台(5.4%減少)だったという。

 「消費者は引き続き支出に慎重で、一部の裁量購買を控えているが、5G対応スマートフォンとプロレベルのカメラ機能が、同四半期の一部のエンドユーザーによるスマートフォンの新規購入、またはすでに所有している機種からのアップグレードを促進した」と、Gartnerのシニアリサーチでディレクターを務めるAnshul Gupta氏は声明で述べている。

 またメーカー別の年間スマートフォン販売台数ではサムスンが首位を維持。

Gartnerによるとサムスンの年間販売台数は2億5300万台(前年比14.6%減)で、Appleは1億9900万台(前年比3.3%増)だったという。

2021年02月24日 07時35分