米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は23日の米議会証言で「ワクチン接種によって、 米経済が今年後半にはより正常な状態に戻る希望が出てきた」と述べた。

足元で新型コロナウイルスの新規感染者数が減っていることもあり、 米国では景気過熱とそれに伴う金融緩和策の修正の可能性がより強く意識されつつあるが、 パウエル氏は従来の緩和策を維持する方針を強調した。