2/23(火) 21:01 週刊女性PRIME 将棋・藤井聡太二冠、あと1か月あまりで高校卒業なのに「自主退学」を選んだ理由 藤井聡太七段 《タイトルを獲得できた事で将棋に専念したい気持ちが強くなりました。

秋に意思を固め、数回学校と話し合いをした上、1月末日付で退学届けを提出いたしました。

一層精進していく所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます》  2月16日、将棋の藤井聡太二冠が日本将棋連盟を通じて驚きの報告をした。

1月末で高校を自主退学していたというのだ。

あと1か月ほどで卒業できるのに、なぜ退学? 「高校3年生ながら、段位は八段。棋聖と王位という2つのタイトルを保持していることで二冠と呼ばれています。日々の対局が多く、学業との両立は難しくなっていました」(将棋ライター)  在学していた名古屋大学教育学部附属高等学校も、17日に校長名でコメントを寄せた。

《藤井くんは、本校で学んだ生徒であることに変わりはありません。

今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

私たちもますますの活躍楽しみにしています》  あと1か月ほどで卒業という時期なのになぜ、退学しなければならなかったのか。

そこにはどうやら“出席日数”というハードルが存在していたようなのだ――。

 彼が高校3年生に進級した昨年4月、コロナ禍による緊急事態宣言があり、学校は臨時休校になった。

6月から授業が再開されたが、同時期にちょうどタイトル戦が始まってしまったのだ。

「棋聖戦が行われたのは昨年6月から。7月には王位戦も始まり、全国各地を転戦していました。なかなか学校に行けなかったはずです」(スポーツ紙記者)  ’20年7月に棋聖、翌月には王位を獲得し二冠、八段昇段を果たす。

「藤井くんは、6月と7月で計21局をこなすというハードスケジュールだったと聞いています。授業が再開されてからも、学校で彼を見たという話は聞きませんでしたね」(在校生のひとり)  7月16日に棋聖タイトルを獲得したとき、学校の担任らが記者会見を行った。

「その時点では、出席日数は足りているという回答でした。ただ、“彼に対して特別扱いはしない”とも話しています。補習などのサポート制度はあるものの、それでも足りなければ留年する可能性があることをほのめかしていました」(前出・スポーツ紙記者) >>2続く