Why THIS country needs a ‘Minister for Loneliness’ – the answer will shock you 以下日本語訳 なぜこの国には「孤独のための大臣」が必要なのか – その答えはあなたに衝撃を与えるでしょう。

COVID-19 パンデミックによる孤独感は、社会的な集まりの欠如のために、日本での自殺者の数を増加させている。

  パンデミックに関連した孤独は、11年ぶりに日本人の自殺者が増加したことで非難されている。

この問題に対抗するために、日本は今月、COVID-19パンデミックの間に自殺者数が増加した後、初の孤独担当大臣を任命した。

ジャパンタイムズによると、菅義偉首相は今月初め、2018年に初めて同様の役割を創設したイギリスの例に倣って、孤独担当大臣を内閣に追加したという。

菅義偉首相は金曜日、これを深刻な問題と認識し、社会的孤立を緩和するための指定された内閣ポストを立ち上げた。

  初代孤独対策担当大臣には坂本哲司氏が就任した。

少子化対策や地域経済の活性化などの担当に加え、新たな任に就く。

CNNによると、坂本氏は就任記者会見で、菅義偉首相が「パンデミックの影響で女性の自殺率が上昇している問題も含めて」国の問題に取り組むために坂本氏を任命したと述べた。

日本では高齢者だけでなく、子ども、若者、女性、高齢者など、さまざまな年齢層が孤独感に悩まされている。

1995年の阪神大震災、2011年の福島地震と津波の後、多くの高齢者は仮設住宅に入居せざるを得なくなり、その後、枕元に誰もいない状態で亡くなった。

このような孤独死(solitary deaths)は、日本語では「kodokushi」と呼ばれ、日本では大きな問題となっている。

COVID-19のパンデミックは事態を悪化させただけである。

ジョン・ホプキンス大学のデータによると、現在、日本では426,000人以上のCOVID-19患者と7,577人の死亡が記録されている。

また、経済協力開発機構によると、日本は10万人当たりの自殺者数が14.9人と、7つの先進国の中で最も自殺率が高かった。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。