40歳を迎える今シーズンへ「痛いから休むじゃ、そんなんしてたら見切られる世界」  崖っぷちの超人が、これ以上ない覚悟を持って2021年シーズンに挑む。

阪神の糸井嘉男外野手がFull-Countの独占インタビューに応じた。

40歳を迎える今シーズン。

新庄剛志氏との再会や、同じ外野のポジションを争う近大の後輩・ドラ1ルーキー佐藤輝明内野手に対する思いを激白した。

【橋本健吾】 ――昨季は怪我に泣かされ移籍後最少となる86試合の出場。

オフには54%減の年俸1億8500万円プラス出来高で契約し今シーズンは勝負の年となる。

「色々ありますが僕の中では単純にチームが優勝するための力になることだけ。毎年、勝負なのは変わらないし、プロ野球選手である以上は毎日、毎日が勝負の世界だと思っているので。」 ――阪神移籍後は度重なる怪我にも苦しんだ。

現在の体の状態は? 「年齢的なこともありますが、去年は全然納得できるシーズンじゃなかったので。それを見返したい、自分自身をね。去年は足首の手術明けだったし、それをかばって膝にきたところもあったのかなと。正直、1年中膝の状態が悪かった。年齢のことを言われますが、痛いから休むじゃ、そんなんしてたら見切られる世界。ほんまに……。ねぇ。こういうのなんて言うんですか? 覚悟を持って……いや、覚悟は毎回しているから。勝負の年ってことで」 ――キャンプ中には日本ハム時代の先輩・新庄さんとの再会もあった 「僕が入団した時は新庄さんを見て育っているので。そりゃもう、あれだけ札幌ドームを満員にしてくれて、僕たち2軍の選手たちにもあそこでプレーしたいと思わせてくれた人ですから。インタビューはなにを聞かれるかわからなくてめちゃくちゃ怖かった(笑)。現役復帰を目指してトライアウトも受けられていましたし、ああいう行動、第一歩を踏み出す姿が凄い。本番でもタイムリー打っていたし、ほんまに凄いしかない。」 近大の後輩、ドラフト1ルーキー佐藤輝が入団「特別な思いは多少あります」 ――今年は40歳の大台を迎えるシーズンになる 「そこはどう考えても終わり(現役引退)に近づいていると思う。周りから見ても年齢的な部分は自分ではどうすることもできないじゃないですか。その中で自分の中での意地を出したいと思っています。」 ――近大の後輩“糸井2世”と呼ばれるドラフト1位ルーキー佐藤輝が猛アピールを見せている。

「もはや“糸井2世”じゃ勿体ない。柳田2世でしょ」 ――糸井選手、自身からみてもズバ抜けた能力を持っていると感じる? 「いやぁ衝撃を受けましたね。打撃練習でも誰も打ったことないところまで飛ばしているし、人にできないことをすでに出来るのは凄いよ。それは一緒にやっている阪神の選手の誰もが思ってるんじゃないかな」 2/24(水) 6:20配信 成績
阪神タイガース #7 糸井嘉男 応援歌|タイガース応援スタンドビュー|歌詞字幕付き|横浜スタジアム