2021年で開通90周年を迎える東武鉄道の一駅間だけの支線「大師線」。

本来は「第二山手線」ともいうべき路線の一部で、東武も建設に意欲を注いでいました。

延伸はなぜ実現しなかったのか、ミニ支線に秘められた歴史を紐解きます。

もともと大師線でなく「西板線」 西と板はどこを指す?  東武スカイツリーライン(伊勢崎線)の西新井駅から延びる支線「大師線」が、2021年で開通90周年を迎えます。

西新井~大師前のひと駅間を2両編成の電車が結ぶ路線で、終点の大師前駅は「関東三大師」に数えられる西新井大師に隣接しています。

 特に正月などは参拝客でにぎわう路線ですが、もともとは西新井大師のアクセス路線として計画されたわけではありません。

東武の資料で「『第二山手線』とも呼べる」とする、壮大な計画路線の一部のみが実現したものです。

 その名は「西板線」。

西は西新井、板は「板橋」です。

現在の東上線 上板橋駅までをつなぐ全長11.6kmの路線になるはずでした。

もともと東上線は東上鉄道という別会社でしたが、1920(大正9)年に東武鉄道と合併。

東武の本線系統と離れた東上線との連絡線を設けることで、業務上の合理化と、当時は田園が広がっていた沿線の開発との両得を期待していました。

東武の社史には、建設費に対する利益率も高く「抜群の効率経営計画」とあり、建設に意欲的だったようです。

 途中駅は西新井側から大師前、鹿浜(いずれも足立区)のほか、荒川放水路と隅田川を渡って神谷(北区)、さらに東北本線と赤羽線(埼京線)を越えて板橋上宿(板橋区)の4駅が計画されていました。

そのルートは現在の環七通りとほぼ一致し、東上線には、現在のときわ台駅付近で合流する予定でした。

 これが実現しなかった最大の要因は、1923(大正12)年の関東大震災にあるといえます。

国へ西板線の免許を申請したあとに震災が起こり、東武線も大きな被害を受け、この対応のために西板線の計画は後回しになったのです。

翌年に免許が交付されたものの、工事に着手できる状態ではなかったといいます。

2021年2月24日 6時20分 乗りものニュース