無職のバンドマンから大臣秘書官へ  では菅首相が長男に何をしてきたかおさらいする。

《総務大臣就任時(06年)、バンドマンで無職の長男を大臣秘書官として抜擢し、多数の総務官僚との接点を持たせた後、総務省の許認可先への就職を許した。

》(『週刊文春』2月25日号)  何がすごいって、この短い文章には菅首相の看板フレーズを長男がすべて殺しにかかっていることがわかる。

 菅首相がよく主張するのは、 「税金を投入するに値するのか」 「自助」 「既得権益を打破」  である。

ところが専門性の無い長男をいきなり大臣秘書官にしていた。

これは「税金を投入するに値するのか」。

 日本学術会議にはあれだけ税金投入に厳しかったのに長男には職を与え、税金を投入。

公私混同にしかみえない。

これは「自助」ではない。

国民に言っていることと違う 詳細はソースにて 菅義偉首相長男の「パパ活」から見える問題点 なぜ身内には“自助”を求めないのか? 「税金を投入するに値するのか」と言うけれど… プチ鹿島23時間前 参考) 「議会制民主主義は『期限を切った独裁』」と明言する 2011.05.23 菅首相の「浜岡原発停止」決定が呼び寄せた「6月政局」 統一教会と関係の深い議員が多数入閣。

その一人、菅原一秀の経産相抜擢に見る、「菅政権」への布石 2019.09.19 「伊藤詩織さん」が「TIME」の100人に選出 “逮捕もみ消し”は菅総理の側近で… 国内 社会 週刊新潮 2020年10月8日号掲載 菅首相の著書、改訂版が発売 公文書管理の記述消える 2020年10月19日 自助・共助・公助を強調 菅氏が総裁選政策集 2020/9/5 19:29 税金が驚くほどムダに…大震災から9年、「復興予算流用問題」を問う 2020.03.11 「都合の悪い真実を隠す」“お手盛り”安倍長期政権がもたらした数々の弊害 2020/01/03 文春 安倍首相”史上最長”を可能にした「検察の不正義」2019年12月1日号 サンデー毎日 以上