プレミアリーグの延期分第18節が23日に行われ、リーズとサウサンプトンが対戦した。

サウサンプトンに所属するFW南野拓実はベンチスタートとなり、58分から途中出場を果たした。

 前節のチェルシー戦に1-1で引き分け、連敗を6で止めた14位サウサンプトンが11位リーズのホームに乗り込んだ。

リーズはリーグ戦2連敗中となっている。

両チームの勝ち点差はわずか2ポイントで、連敗を止めたサウサンプトンとしては勝利して良い流れを掴みたいところだ。

また、リーズは負傷離脱していたDFディエゴ・ジョレンテが2カ月半ぶりの先発復帰を果たした。

 サウサンプトンは5分、右サイドでFKを獲得すると、クロスにヤニク・ヴェステルゴーアがヘディングで合わせる。

しかし、これはゴール左に外れた。

立ち上がりは両チームともに相手の攻撃を潰し、譲らない展開となる。

 リーズは25分、右サイドでボールを受けたラフィーニャが仕掛け、プレスに来た相手ディフェンダーを置き去りにし、中央へ折り返す。

これにタイラー・ロバーツがフリーで右足で合わせたが、ボールは枠を大きく越えた。

さらにリーズは27分、エリア手前で獲得したFKからクロスを上げると、ロバーツの折り返しにリアム・クーパーが左足で合わせる。

しかし、これも枠を捉えることはできなかった。

 サウサンプトンは33分、左サイドの高い位置でインターセプトしたジェームズ・ウォード・プラウズがネイサン・テラに送ると、エリア内に侵入したところでジョレンテに倒される。

主審が笛を吹き、PKスポットを指差したが、VARの結果、PKは与えられなかった。

 今度はリーズにビッグチャンスが訪れる。

40分、サウサンプトンのFKから自陣エリア内でボールを奪うと、カウンターを発動。

自陣からスチュアート・ダラスが前線へ1本のスルーパスを送ると、これに抜けたラフィーニャがGKと1対1に。

しかし、全速力で戻った相手ディフェンダーにスライディングでカットされ、シュートに持ち込むことはできなかった。

 スコアレスで後半へ折り返すと、リーズが試合を動かした。

47分、ペナルティエリア手前でスルーパスを受けたパトリック・バンフォードが左足でグラウンダーのシュートを放つと、相手ディフェンダーの股を抜け、ゴール右下隅に吸い込まれた。

リーズは50分にも決定機。

左サイドを突破したラフィーニャの折り返しにロバーツが右足で合わせるが、これはゴール右に外れた。

 先制してから試合を支配するリーズは61分、左サイドを崩したラフィーニャからのクロスにバンフォードが左足で合わせる。

しかし、GKの正面を突いた。

リーズは78分、点差を広げる。

カウンターから右サイドを崩すと、ペナルティエリア手前でボールを受けたダラスが左足で鋭いシュートを放つ。

これがゴール左に決まり、2点差とした。

 勢いが止まらないリーズは84分、エリア手前でFKを獲得すると、これをラフィーニャが左足で直接狙う。

ボールはゴール左下に吸い込まれ、3点差とした。

 試合はこのまま終了。

サウサンプトンは後半の3失点でリーズに敗れ、リーグ戦2試合ぶりの黒星で14位に後退した。

リーズは3戦ぶりの勝利を収め、アーセナルを抜いて10位に浮上した。

 次節、リーズは27日にホームでアストン・ヴィラと、サウサンプトンは3月1日にアウェイでエヴァートンと対戦する。

【スコア】 リーズ 3-0 サウサンプトン 【得点者】 1-0 47分 パトリック・バンフォード(リーズ) 2-0 78分 スチュアート・ダラス(リーズ) 3-0 84分 ラフィーニャ(リーズ) 2/24(水) 4:53配信 試合スコア 順位表 得点ランキング 成績