米国政府が日本軍慰安婦問題と関連し、「アメリカが複数回述べたように第二次世界大戦当時、 日本軍による性目的の女性人身売買はひどい人権侵害」との明確な立場を出した。

国務省は「米国は自由、人権、民主主義、女性の権利伸張、 世界とインド・太平洋地域における法治に対する私たちの共同約束を増進するために協力し、 日本および韓国との強力で生産的な3カ国関係を重要視している」と述べ更に 「われわれの緊密な同盟である日本と韓国間の関係発展を引き続き綿密に注視している」と明らかにした。

■参考 強制連行 自由を奪われた強制性あった 慰安婦は「人権侵害」 オバマ大統領、日本に対応求める 米韓首脳会談 トランプ氏訪韓 晩餐会に元慰安婦を招待