【米国】ネオナチグループがミシガン州で要塞化を企んでいたことが発覚 ネオナチのテロリストがミシガン州で要塞化を計画 ネオナチの国内テログループである基地のかつての指導者は、ミシガン州の「要塞化」を計画しました。

ベン・マクッフ 2021年2月23日17:41 反政府民兵が知事を誘拐することを企てた同じ州で、ネオナチのテロリストの別のグループが彼ら自身の陰謀を孵化しました:いわゆる人種戦争を開始するために白人至上主義者、重武装、そして強化された「コミュニティ」を設立しました。

そのすべての中心にあったのは、基地の元指導者であるジャスティン・ワトキンス(25歳)であり、現在ミシガン州で裁判を待っている、持続的なFBI取り締まりの陰にある国内テログループです。

FBIとミシガン州警察の合同捜査の後、ワトキンスは基地との関係とコンピューターを使用して重罪を犯したことでギャングのメンバーシップで起訴されました。

(これらの告発の一部は、ワトキンスが反ファシスト活動家の命を脅迫し脅迫しようとしたとされる2019年12月の事件から生じています。

) テロリズムが米国政府の崩壊を早めると信じている極右のサブセットである既知の加速主義者ネオナチの間でVICEニュースが入手した秘密のチャットによると、ワトキンスはミシガン州のアッパー半島の土地を購入して占領するつもりだと主張した、彼が最終的に逮捕された場所からそう遠くない。

「私たちは家と土地を購入し、それらを強化しています」と、暗号化されたチャットアプリWireの別名でワトキンスは2020年の初めに言いました。

「土地は安いです[…]私はそこにコミュニティを設立しています。男たちを引っ越して配置するために家を建てるつもりです。」 (リンク先に続きあり)