02月23日 18時33分 海上自衛隊呉基地の隊員が、暴力団員と共謀して金融機関にうその書類を提出し、住宅ローン3000万円あまりをだまし取ったとして詐欺の疑いで逮捕されました。

警察は捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。

逮捕されたのは海上自衛隊呉基地の3等海曹、西浦大輔容疑者(48)です。

警察によりますと西浦3等海曹は平成26年、広島市西区の暴力団員佐々木渉容疑者(48)とその内縁の妻のまつ本幸枝容疑者と共謀してうその書類を金融機関に提出し、住宅ローン3000万円あまりをだまし取った詐欺の疑いが持たれています。

警察は捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。

暴力団員やその関係者は金融機関が定めた「暴力団排除条項」で融資を受けられないことから、警察は暴力団員の佐々木容疑者にかわって知人の西浦3等海曹が住宅ローンを借りたとみて、詳しいいきさつを調べています。

隊員が逮捕されたことについて海上自衛隊呉基地の伊藤裕雅1等海佐は「捜査に全面的に協力するとともに事実関係をもとに厳正かつ適切に対応する」とコメントしています