同居の母親(62)を包丁で刺して殺そうとしたとして、岡山東署は22日、殺人未遂の疑いで、岡山市東区、無職の男(36)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後6時10分ごろ、自宅で母親の背中などを包丁(刃体約16センチ)で数回刺して殺害しようとした疑い。

「母親を殺したいと思って刺した」と容疑を認めている。

母親の命に別条はないもよう。

 同署によると、母親から「息子に刺された」と110番があり、駆けつけた署員が現場にいた容疑者を逮捕した。

容疑者は両親と3人暮らしで、止めに入った父親(68)も顔にけがを負っていることから、傷害の疑いでも調べる。