JTBが資本金を現在の23億400万円から1億円に減資することが23日、わかった。

12日の株主総会で決議済みで、3月31日付で実施する。

新型コロナウイルスの感染拡大で、観光需要の落ち込みが長期化している。

今期発生する巨額の損失の補?原資を確保する狙いがある。

JTBの2020年4~9月期は781億円の連結最終赤字に転落した。

株主資本のうち利益剰余金は20年9月末で799億円と、半年でほぼ半減した。

10月以降も利用は回復せず、下期は400億円以上の経常損失を見込む。

資本金を取り崩すことで、発生が見込まれる損失に対応する。

資本金が1億円以下の企業は税制上中小企業とみなされ、税負担が軽くなる。

観光需要が戻るには時間がかかるため、中期的な負担軽減を享受する狙いもあるとみられる。