Kuehne+Nagel、アジアのフォワーダーApex Internationalを買収 Kuehne+Nagelはアジア太平洋地域での事業拡大を目指しており、スイスのKuehne+Nagelは “史上最大の買収 “と評した貨物輸送会社Apex Internationalの買収に合意した。

プレスリリースでは、両社は取引の詳細を開示しないことに合意しているが、ブルームバーグのレポートによると、この買収は15億米ドルと評価されている。

エイペックスは2001年に中国で設立され、アジア全域で事業を展開しており、特に太平洋航路とアジア域内航路に力を入れている。

2015年には、株式の大半を北アジアに特化したプライベート・エクイティ会社MBKパートナーズが買収した。

同社は約1,600人の従業員を擁し、年間売上高は23億米ドル(21億スイスフラン)を超えています。

航空貨物750,000トン、海上貨物190,000TEUを取り扱っています。

Kuehne+Nagel、中国の航空貨物予約用デジタルポータルを展開 “ApexとKuehne+Nagelの合併は、競争の激しいアジアの物流業界、特に電子商取引のフルフィルメント、ハイテク、e-モビリティの分野において、お客様に魅力的な提案を提供する機会を提供します」とK+NのCEOであるデトレフツガー博士はコメントしています。

Apexの会長兼CEOであるトニー・ソン氏は、今回の買収提案を歓迎し、同社が顧客のサプライチェーンに付加価値を与え、グローバルな物流ネットワークを拡大することを可能にすると述べた。

“当社はKuehne+Nagelの既存のグローバルな航空物流チームを補完すると同時に、当社の経営陣と主要な人材にユニークなキャリアの機会を提供します」と彼は付け加えた。

買収は、所轄の競争当局による合併承認を含む、慣習的な閉鎖条件を条件としています。

スイスの同社によると、今回の買収は「流動性のある資金源と、必要に応じて利用可能なクレジットライン」によって調達されるとのことです。

買収が完了した時点で、「Apex社の株式の一部はApex社の経験豊富で起業家的な経営陣が保有し、同社は引き続きK+Nグループ内で別個に運営される」と付け加えている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

関連記事 KN、FW大手APEXを買収。

海上に続き航空も世界最大に