98年東京大賞典など交流G1を4勝したアブクマポーロが、けい養先の北海道安平町の吉田牧場で21日に死んだことを、 ジャパン・スタッドブック・インターナショナルが22日に伝えた。

29歳だった。

同馬は95年5月に大井競馬でデビューし、翌96年から連勝を続け南関東のトップホースとなった。

97年11月の東海ウインターS(中京)では1番人気の支持に応えて、堂々と中央競馬の強敵を下してJRA重賞制覇を果たした。

98年には完全に本格化して川崎記念、帝王賞、東京大賞典とG1を3勝。

9戦8勝という無類の強さを発揮した。

99年ダイオライト記念を最後に脚部不安のため引退、種牡馬入りした。

通算成績は32戦23勝。

現役時代に管理した出川克己師(船橋)は「非常に残念です。ポーロにはいろいろと教わったし、 個人的には97年の東海ウインターSで勝ったのが特に印象に残っています」と別れを惜しんだ。

98年東京大賞典を制したアブクマポーロと石崎隆之騎手(右)