春節真っただ中の中国映画市場は、コロナ禍で壊滅状態の世界各国を尻目に、すでに累積興収30億元(約500億円)にも達し、記録更新が予測されているという。

春節(旧正月)では、その年最大の話題作や大作が公開されるが、ここ数年の流れを一言でいうなら「圧倒的国産映画優位」がキーワードだ。

 そもそも中国市場ではハリウッド映画でさえ、もはや見る影もない。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015年)の興収が約4億9500万元と振るわなかったのが象徴的で、転機となったコロナ前の2019年は、年間たった3本しか興収トップ10にランクインできなかった。

現在では最重要な春節シーズンの公開作品は、ほぼ国産映画が占めている。

 だが政策的に外国映画の参入を抑えているかの国では、シェア率だけ見ても公平な分析はできない。

むしろ、それ以上にこの年の春節映画で重要だったのは、「国産SF元年」と報じられるほど、上位作品に派手なエンタメ作品が並んだ点だ。

 たとえば興収トップの「流転の地球」は、終末の危機を避けるため、地球ごと宇宙を移動するという、スケール感あるSF大作。

本来この手の作品はアメリカ映画の独壇場だが、中国映画界は初めての挑戦で、王者ハリウッドに匹敵するブロックバスター映画を作り上げてしまった。

■コロナ禍でも興業収入は記録更新  興収もケタ違いで、中国内だけで46・88億元(およそ744億円)。

これはなんと、18年における北米興収年間1位の「ブラックパンサー」の記録(約724億円)を上回る。

「ペガサス/飛馳人生」は、そうした春節シーズンの激戦では3番手で、「流転の地球」に比べれば目立たない映画だが、それでも日本円にして約300億円もの興収をたたき出した。

日本なら歴代トップの「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」でなんとか対抗できる数字で、いかに中国市場の勢いが猛烈かがわかる。

「ペガサス/飛馳人生」はラリーの元中国チャンピオンという異色の経歴を持つハン・ハン監督得意のカーレース映画で、本格的なラリーシーンが売り物。

いうまでもなく、カーアクションはハリウッドの十八番だが、中国映画としてそこに真っ向勝負を挑み、批評面でも興収でも一定以上の結果を出したことが重要だ。

それは「中国政府が外国映画を排除しているから仕方なく見る」のではなく、あえて国産映画を選んでも満足できる作品があるという意味だからだ。

 かつて25年くらい前までは、中国といえば海賊版の代名詞だった。

それが12年ほど前に「映像コンテンツは盗むより買う」爆買いの国となり、今や高品質なコンテンツを「作る」国となりつつある。

彼らが有利なのは、アメリカの基準がそのまま通じる日欧の市場と、中国はじめアジアのそれが大きく異なる点だ。

アジア独特の嗜好性に最初から対応できる中国製エンタメ映画が、ハリウッド並みのクオリティーを手にすれば、その優位性は決定的に高まる。

「ペガサス/飛馳人生」の出来栄えと春節シーズンの結果、さらにコロナ禍で外国映画が壊滅状態の現状を見ると、いよいよその節目が到来したように見える。