監督は継続!? 朝日、読売などの全国紙やスポーツ紙は昨年9月、松山聖陵高校の野球部監督が“不適切指導”を行っていたと報じた。

部員に体罰を加えていたのだ。

 ***  ことの始まりは、地元紙・愛媛新聞のスクープ記事だった。

9月17日の朝刊で、「松山聖陵高 野球部監督 不適切指導 『自分の顔たたけ』指示」との記事が掲載された。

内容は、次の通りだ。

◆野球部の男性監督(39)が、練習で怠慢プレーが見られたとして、監督が部員4人に「自分の頬をたたいておけ」「頭をたたけ」「壁に頭をぶつけておけ」などと指示したという。

◆外部から情報を受けた県高野連の要請で、8月下旬に調査を開始。

9月上旬に報告書を提出した。

 監督が自ら暴力をふるうのではなく、いわば“自分で自分に体罰を加える”ように強要するというやり口が目を引く。

 また、愛媛県の高野連に《外部から情報》がもたらされたこと、体罰の被害者が4人だったことも明らかにされている。

 監督には処分が下った。

10月17日、愛媛新聞は「松山聖陵高 野球部監督 謹慎7ヵ月 日本学生協会 不適切指導を認定」との記事を掲載した。

(末尾:註1) 《日本学生野球協会は16日、審査室会議を開き、不適切指導や体罰があったとして監督を8月30日から来年3月29日まで7カ月の謹慎とする処分を決めた》 甲子園で優勝  各紙は実名を控えたが、体罰を加えたのは同校の荷川取秀明監督だ。

甲子園ファンや沖縄県民なら、1999年に春のセンバツで、沖縄尚学高校が優勝を果たした時のことを思い出したかもしれない。

 荷川取監督は沖縄県出身。

沖縄尚学では1番・サードだった。

優勝した際、朝日新聞には《勝ち進むうちに自分に自信が持てた。

楽しかった》とのコメントが掲載されている(末尾:註2)  各種資料によると、荷川取監督は高校卒業後、筑波大学に進み、松山聖陵高校に教諭として勤務。

野球部の監督に就任すると、春2回、夏1回、同校を甲子園出場に導いた。

更に昨夏の愛媛大会でも優勝を果たした。

 優れた実績なのは言うまでもなく、全国的に注目を集める若手監督と形容しても過言ではないだろう。

 実は、荷川取監督が野球部員に体罰を加え、処分されたのは今回で2回目だ。

 前出の愛媛新聞は《監督は昨年(註:2019年)2月、部員への暴力などを理由に同協会から2カ月の謹慎処分を受けている》と記している。

意外な情報提供者  最初の処分は、センバツの出場校だったこともあり、実名で報じられた。

共同通信が19年2月1日に配信した「選抜高校野球、2校の監督が謹慎 春日部共栄と松山聖陵」から引用させていただく。

《松山聖陵の荷川取秀明監督は報告義務違反を含めて3月25日まで2カ月の謹慎となった。

部員の生活指導をする中で、顔をつかんで壁に押しつけた行為が動画で撮影されており、選抜出場決定後にインターネットで流布されて発覚した》  荷川取監督は19年に《顔をつかんで壁に押しつけ》たとして謹慎処分が下り、20年にも《自分の頬をたたいておけ》などと強要して再び謹慎処分となったのだ。

 果たして荷川取監督は最初の処分で真摯に反省したのだろうか。

2回目に直接的な暴力をふるわなかったのは、問題化を怖れ、やり口を変えたのではないか──こんな疑問が浮かんでくる。

 そこで松山聖陵高校の関係者に取材してみると、新聞報道より遥かに深刻な体罰の実態が明らかになった。

「愛媛県の高野連に情報提供を行ったのは、他高の関係者でもなければ、野球部の保護者でもありません。2年生の野球部員が話し合って実行したのです」 普段は温厚  荷川取監督の体罰があまりに酷く、とうとう耐えきれなくなったというのだ。

10代の少年には並外れた勇気が必要な行動だろうが、関係者によると、いきなり県高野連に情報提供を行ったわけではないという。

「最初、2年生の部員は学校側に体罰強要や暴言などの問題を相談したのですが、その内容が監督に筒抜けになってしまったのです。監督は激昂し、2年生に向かって『文句があるなら自分に言え。自分に言ったら退部だ』と言い放ちました。これで部員は八方塞がりになってしまい、更に話し合いを続けました」  そこで、ある部員から「高野連に助けてもらおう」との提案があった。

賛成する部員、反対する部員、「どうでもいい」という部員など、反応は様々だったという。

(後略) デイリー新潮 2/19(金) 5:58