お笑いタレントの松本人志さん(57)を名指しして殺害予告をインターネット上に書き込んだなどとして、警視庁が脅迫や威力業務妨害の疑いで25歳の男を再逮捕したことが23日、捜査関係者への取材で分かった。

男は、人気お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小(お)木(ぎ)博明さん(49)と矢(や)作(はぎ)兼さん(49)に同様の殺害予告をしたなどとして逮捕。

芸能人殺害やテレビ局爆破を予告する書き込みなどを繰り返した疑いがあり、警視庁はさらに裏付けを進める。

 再逮捕されたのはシステムエンジニア、相馬亘容疑者(25)=東京都三鷹市井の頭。

捜査関係者によると、1月、ネット掲示板で松本さんや家族を名指しし、ハンマーで殴り、ナイフでめった刺しにして殺害するなどと予告したほか、松本さんが所属する吉本興業が運営しているタレント養成所などの関係先に爆発物を仕掛けたと書き込んだ疑いがもたれている。

 相馬容疑者は、ネット掲示板で小木さんと矢作さんの殺害を予告するなどした疑いで2月に逮捕。

「通報しないから逮捕されない」などと挑発するような書き込みもしていた。

警視庁の調べに「仕事のストレスでやってしまった」と供述。

芸能人殺害や、テレビ局爆破などを予告する書き込みを100件以上、投稿したことを認めていた。

 小木さんと矢作さんへの殺害予告では、事務所側の相談を受け警視庁が発信元を解析するなどして関与が浮上。

松本さんへの殺害予告でも関連を調べていた 2021.2.23 11:41