22日に韓国国会で開かれた環境労働委員会産業災害聴聞会では証人として出席した企業代表に対する与野党議員の叱責が殺到した。

この過程では案件とは関係がない「神社参拝したかどうか」を尋ねる質問まで登場した。

与党「共に民主党」の盧雄來(ノ・ウンレ)議員はこの日の聴聞会で、鉄鋼最大手ポスコの崔正友(チェ・ジョンウ)会長の訪日写真を公開して「東京で神社参拝に行きましたね、このようにしてもかまわないということなのですか」と叱責した。

写真には、日本のある宗教施設で合掌している崔会長の後ろ姿が含まれている。

チェ会長は「神社ではない」と否定した。

ところが盧議員は、続けて説明しようとする崔会長の言葉を遮りながら「行ったことは認めるか」と再度尋ねた。

これに対して崔会長は「2018年10月に世界鉄鋼協会総会中、休憩時間に韓国観光客が多く訪れる寺を訪問した」と答えた。

続いて「(写真の)上段を見れば『寺』という字がある」とし「神社ではなくて寺」と強調した。

崔会長の言葉のように、盧議員が公開した写真の右側上段には「寺」という漢字が見える。

また、聴聞会以降にポスコ側が公開した原本写真には崔会長の前に置かれた祭壇に「南無阿弥陀仏」と書かれた紙が貼ってあるところも鮮明に見える。

当時、崔会長が訪問した寺は東京タワー付近の増上寺で、1393年に創建された古刹だ。