2/23(火) 9:49配信 スポーツ報知 カズレーザー  23日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・午前8時)では、複数の女性との不倫騒動で活動自粛中の「アンジャッシュ」渡部建(48)が東京・豊洲市場の仲卸で働いていると報じられたことについて特集した。

 この日の番組では、独自で入手した関係者からの証言を紹介。

渡部は午前0時から朝まで勤務し「年明けから荷物の運搬や整理、主にウニの仕分けをやっています。もう2か月になる」という。

また「ボランティアと聞いている。賃金はもらっていない」「黙々と仕事に励んでいて、なじんでいます」と仕事に打ち込んでいるという話を伝えた。

 今後の去就について「本人から芸能界復帰や今後についての話は一切聞いたことはありません。先のことを計算高く考えているようには見えません」という。

 この件にスペシャルキャスターの「メイプル超合金」カズレーザーは「総務省の倫理規定違反の話の後に扱って同じぐらいの時間を」と苦笑。

「仮に働いたとしても、勤労する義務や職業選択の自由は誰にでもあるし、ボランティア活動と言われたら一層何も言うことはないと。市場関係者から便宜を図ってもらって、脱法行為をしているわけでもなく、ただ働いているわけですよね。働くのはご自由ですから。芸能活動でもありませんし」と述べた。