2/23(火) 9:44配信 デイリースポーツ  アルバート・プホルス  MVP3回、歴代5位の669本塁打、同3位の2100打点などの記録をもつエンゼルスのアルバート・プホルス内野手(41)が今季限りで現役引退する、と22日(日本時間23日)、同内野手の妻のディードレ夫人が自身のインスタグラムで明かした。

 ドミニカ共和国出身のプホルスは01年にカージナルスでメジャーデビュー。

メジャー史上最高の右打者として昨季までメジャー20年の通算成績は2862試合、打率・299、3236安打、662本塁打、2100打点の記録を残している。

最多本塁打1回、最多打点2回、球宴10回。

05、08、09年にMVPを獲得し、カージナルスでは06、11年にワールドチャンピオンに輝いている。

 11年オフにカージナルスからFAになり、エンゼルスと10年2億4000万ドル(約252億円)で合意。

今季が契約最終年となる。