東京電力は2月13日の地震の福島第一原子力発電所への影響を22日まとめ、原子炉を収めた格納容器の水位の低下傾向が続いているとしました。

原子力規制委員会は注水は継続していて安全上の問題は現状ないとしたうえで監視の強化を求めました。

福島第一原発では▼溶け落ちた核燃料を冷却するため注水をしていますが、1号機と3号機の格納容器の水位がいずれも数十センチほど下がり、その後も低下傾向にあるということです。

▼また、水素爆発を防ぐため格納容器には窒素が注入され圧力が高くなっていますが1号機では大気圧との差を計測する圧力計の値が1.2キロパスカルから0.1キロパスカルまで下がりほぼ大気圧になっているということです。

東京電力は地震の揺れで10年前にできた損傷が広がり、水位と圧力が低下した可能性があるとして、監視を継続するとしています。

地震影響 福島第一原発 原子炉の格納容器 水位低下傾向続く 2021年2月23日 5時05分 関連記事) 福島県沖 クロソイから基準超の放射性物質 出荷を停止 2021年2月22日 原子炉格納容器の水位30センチ以上低下 福島第一原発1、3号機で 震度6弱の地震の影響か 2021年2月19日 「福一の原子炉格納容器4京ベクレル」になす術なしの原子力規制委、なぜか一般に意見募集へ 2021年1月28日 福島第一原発事故による放射性物質汚染の実態~2019年、福島県二本松市の汚染の現状と黒い土 2021年01月20日 常磐線試運転 車両付着ちり 放射能濃度23倍に 動労水戸調査 2020年2月29日 東電の旧経営陣3人に無罪判決 福島原発事故で東京地裁2019年9月19日 敷地内にホットスポットを放置!環境省の“デタラメ除染”前篇 2017/03/10 道路利用8000ベクレル以下=福島汚染土、夏にも実証事業(南相馬市)-環境省 2016年06月07日 安倍首相「アンダーコントロール」のウソ 2013年09月18日 原発推進法人は「天下り」指定席 「理事長」に経産省OB 2011年5月26日 以上