たったの1万円で一生ずっと納豆が食べ続けられる「納豆定食の生涯無料パスポート」を販売。

しかしその後、突如として客のパスポートを没収してトラブルが発生し、大炎上となった株式会社納豆(店舗名: 令和納豆)が、また大炎上している。

・手作りチョコを工場で機械が生産した可能性 令和納豆の宮下裕任社長がインターネット上で販売を開始したバイオチョコレート「納豆菌ミルクチョコレート」が、あまりにも不審すぎるというのである。

このチョコレート、宮下裕任社長は「チョコレート職人と一緒に一つ一つ手作り」「パティシエが手作りで一つ一つ丁寧に仕上げました」と説明しているが、工場で機械が生産したチョコレートの可能性が浮上しているのである。

つまり手作りと言いながら「手作りではない」という疑惑があるのだ。

・フェイスブックでワケアリ商品として販売 宮下裕任社長はFacebookの「支援・訳あり商品情報グループ ワケアイ」というページに、「緊急事態宣言により店頭での販売は厳しく店舗運営に苦しんでいる」「なんとかお力添えいただければ嬉しい」「美肌効果や整腸効果が期待できるバイオチョコレートです」と書き込みし、納豆菌ミルクチョコレート(5袋セット)の購入を懇願。

本来ならば2750円だが、1925円で販売するとコメントしていた。

しかし、宮下裕任社長は「チョコレート職人と一緒に一つ一つ手作り」「パティシエが手作りで一つ一つ丁寧に仕上げました」と商品説明をしていたものの、OEMとして岡山県の他社工場が生産していたとする疑惑が浮上し、大炎上しているのである。

他社工場だろうと説明に嘘偽りがなければ問題ないが、もし人の手がくわわっていつつも機械工程により生産しているのであれば、「一つ一つ手作り」「パティシエが手作り」という表現に違和感がある。

そう思っている人は少なくないようだ。