天皇陛下は23日、61歳の誕生日を迎えられた。

これに先立つ記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を案じ「痛みを分かち合い、協力し合いながら、コロナ禍を忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開けることを心待ちにしています」と述べられた。

陛下は会見で、改めて医療従事者らに対し「心からの感謝の気持ちを伝えたいと思います」と謝意を表し、新型コロナへの対応に当たる多くの関係者について「国民の間で感謝の念を広く共有することができた一年となった」と述べられた。

※中略 秋篠宮家の長女、眞子さまの結婚問題では、秋篠宮さまが昨年の記者会見で「結婚することを認める」としつつ「(対応が)見える形になるというのは必要なことではないか」と述べられている。

陛下は「国民の間にさまざまな意見があることは承知している」とした上で「秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」と言及された。

※全文は下記よりお願いいたします。