【2月22日 AFP】ミャンマーでは22日、クーデターで実権を掌握した軍事政権がデモ隊にさらなる死者が出ると警告する中、再び大勢の市民が街頭に繰り出した。

4人のデモ参加者が死亡したことを受け、国内では緊張が高まっている。

国軍のクーデターとアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)国家顧問の拘束から3週間が経過したが、ミャンマーでは全土で大規模な抗議デモが続いている。

多くの市民が不服従運動に参加して仕事をボイコットしており、民間企業だけでなく銀行や政府機関の業務にも支障をきたしている。

ミャンマー国営放送(MRTV)は21日、「デモ参加者たちが、感情に流されやすい10代の子どもたちや若者らを中心に、人々を対立の道へと扇動している。それは、命を落とすことになる道だ」との声明を読み上げ、「暴動と無秩序」を引き起こさないようデモ隊に警告した。

しかし、市民らは脅しに屈さず、22日も大規模な街頭デモを展開。

最大都市ヤンゴンでは警察や軍が警備を強化する中、午前中から2地区に数千人が集結。

その後、数万人規模のデモとなっている。

参加した大学生のチョー・チョー(Kyaw Kyaw)さん(23)は「皆、弾圧を心配しているけれど、前に進みます。私たちはひどく怒っているのです」と語った。

続き 2021年2月22日 16:21