初代PSが発売されたのは1994年12月。

四半世紀以上、ゲーム業界全体をひっぱってきた名作揃いハードについて、文春オンラインでは2020年11月15日までの46日間、オールタイム「もう一度やりたい!プレステゲーム」と題してアンケートを実施しました。

10、20代から70代を超える読者までの幅広い年齢層の方から、2000票以上の投票をいただきました(男性72%、女性28%)。

1位 ファイナルファンタジー 2位 ドラゴンクエスト 3位 バイオハザード 4位 信長の野望 5位 三國志 6位 メタルギア 7位 電車でGO! 7位 ペルソナ 9位 鉄拳 10位 実況パワフルプロ野球 11位 パラッパラッパー 11位 グランツーリスモ 13位 桃太郎電鉄 14位 モンスターハンター 15位 幻想水滸伝 16位 ウイニングイレブン 16位 みんなのGOLF 18位 リッジレーサー 19位 龍が如く 20位 チョコボの不思議なダンジョン 20位 ぷよぷよ 2位はRPGの金字塔「ドラゴンクエスト」シリーズ。

1986年に発売された初代から爆発的な人気を誇り、リメイク作品も大ヒット。

任天堂以外のゲーム専用機向けに初めて開発・発売された「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」にいたっては、PlayStation用ソフトにおける日本歴代出荷本数第1位(410万本超)になっています。

堂々の1位はファイナルファンタジーシリーズ。

シリーズ全タイトルの世界累計出荷数は約1億6000万本と世界的なゲームシリーズになっています。

2017年には「最もタイトル数の多いRPGシリーズ」として、ギネス世界記録に認定されました。

1位 ファイナルファンタジー 2020年4月に発売された「ファイナルファンタジーⅦ REMAKE(FFⅦリメイク)」も、発売から4カ月足らずで全世界の累計販売本数500万本超(パッケージ・ダウンロード販売の合計)のヒットに。

シリーズ初となるPlayStation用ソフトとして1997年に発売されたオリジナルの「ファイナルファンタジーVII」、 PlayStation 2におけるファイナルファンタジーシリーズ最初の作品となった「ファイナルファンタジーX」など、各タイトルへのコメントも数多く寄せられています。

全文はソースをご覧ください