14年ぶりに中日に復帰した福留孝介外野手(43)が阪神から移籍後初めて〝安打&タイムリー〟を放ち、ベテランの意地を見せた。

 22日に二軍のDeNAとの練習試合(読谷)に「5番・指名打者」で先発出場。

2度目の対外試合で2打席連続適時打を含む2打数2安打2打点と活躍し、その存在感をいかんなく発揮した。

 1点ビハインドの1回二死三塁で相手先発・宮城の初球、144キロのツーシームを強振すると、打球は中前へと抜ける同点適時打となり、古巣復帰後に初めて「H」ランプをともした。

「初球から仕留める準備を意識している。いいんじゃないかな」と手応えを口にする。

 さらに3回は一死一、二塁で同じ宮城から右越えの適時二塁打。

この日の結果について「(安打は)出ないより出るに越したことはない。その中で自分のやりたいタイミングであったり、スイングの間であったりとかの課題をやりながらできたので良かった」と振り返る。

 打撃の状態に関しては「いい悪いは別として、体は元気に動けているので、それは一番いいこと。キャンプの疲れ? 疲れてますけど、それなりにいい疲れでやれている」と納得の表情を浮かべる。

 この日、二軍戦を途中から視察した与田監督は一軍昇格のタイミングについて「福留も他の選手も一緒。サバイバルの中に」と強調。

それでも福留は「一軍に呼ばれたときにしっかりできるという準備をしていくことだけです」ときっぱり。

 このままアピールをし続ければ、開幕一軍入りはもちろん、代打要員にとどまらず、球界最年長が外野のレギュラー争いに食い込む可能性もありそうだ。

2/22(月) 21:44