SNSで知り合った大阪の小学生の女子児童と茨城県内の女子中学生を、それぞれ誘拐した罪などに問われている栃木県の36歳の被告の初公判が開かれ、被告は起訴された内容を否認しました。

栃木県小山市の無職、伊藤仁士被告(36)は、おととしSNSで知り合った大阪の小学生の女子児童と茨城県内の女子中学生にメッセージを送って自宅まで誘い出したとして、未成年者誘拐の罪などに問われています。

22日、水戸地方裁判所で開かれた初公判で、伊藤被告は「甘言を用いて誘惑した事実はない」などと述べ、起訴された内容を否認しました。

続いて検察は冒頭陳述で「SNSで自殺願望などをほのめかしている被害者を誘拐しようと考えた。被害者の小学生が近くの交番に保護を求めたことで事件が発覚した」などといきさつを説明しました。

一方、被告の弁護士は「被害者2人を保護する必要があると考え、命を守るために自宅に迎え入れたもので誘拐行為を行っていない。仮に誘拐行為にあたるとしても緊急避難で違法ではない」などと述べて、無罪を主張しました。